借金苦 脱出

過払い金請求には時効があります。その他にも急いだほうが良い理由もあるのでまずは過払い金があるかどうかをチェックしましょう

借金苦 脱出 ≫ 過払い金請求 時効

過払い金請求には時効があります。その他にも急いだほうが良い理由もあるのでまずは過払い金があるかどうかをチェックしましょう

過払い金請求とは?なんぞやと思いながらテレビで盛んに流れているCMを見ている方も多いようですが、自分も過払い金が発生しているかもと思っている方もかなり多くいらっしゃいます。

サラ金という言葉が流行っていた時期には大体一律29.2%という金利でお金を貸していました。利息制限法とう法律で年18%までと決められていたにも関わらずです。

なぜならこの法律に罰則がなく、違反しても罰せられなかったのです。
それに対して出資法では上限29.2%を超えると罰せられるようになっていました。

ということで実際は守らなければならない利息制限法を無視して出資法での29.2%におさめていたということなのです。

ところがこれの利息の差は払った顧客に返さなければならないという裁判での判決がでたことからこの金利の差を取り戻すための請求、これが過払い金返還請求になります。

法律でしっかり改正された2010年からは18%を超えた場合はしっかり罰則が科せられるようになったのでそれいこうは過払い金は発生していませんが、それ以前にお金を借りていた場合は過払い金が発生している可能性は十分あります。

過払い金には時効があり、最終取引から10年すぎると請求できなくなります。
最終が2010年だったとしたらあと数年で大部分の人が過払い金請求は出来なくなることから
けっこうおいしい過払い金請求を促すCMも頻繁に流れているという事にもなります。

完済しているものに関してはブラックリストにならないという決まりもあるので10年以上前からお金を借りていたという場合は過払い金があるかどうかを調べてもらい、あるのなら請求することで借金苦から脱出できる可能性も大いにあります。

完済しているものはブラックリストにはなりませんが、今も返済が続いている場合は過払い金請求と任意整理を合体させた整理となる場合もあり、そのときには個人信用情報には記載されます。

過払い金があるかどうかも含めてプロに相談するのが一番確実で手早い方法です。
ネットで過払い金計算とかもできますが、実際にはその計算通りにはいかないことが大半です。

いくらブラックリストには載らないといっても過払い金返還請求をしたところからはもうお金を借りることはできません。(常識的に考えても・・・)
なので過払い金があった場合はその額と今後お金を借りることがあるかどうかも含めて判断するようにしたほうがいいですね。

そしてもう一つは過払い金を請求すべき貸金業者が倒産してしまったら過払い金はほぼ戻らないということです。武富士がいい例ですが、実際には100万円以上戻るはずだったのが倒産によって結局最終的に戻ったのは3万円弱だった事実があります。

借金減額は一刻も早い診断が成功への秘訣です!
 

Copyright © 2016- 借金苦 脱出